vimプラグインのインストール

こちらのサイトを参考に見様見真似でやってみた。

NeoBundleのダウンロード

$ mkdir -p ~/.vim/bundle
$ cd ~/.vim/bundle
$ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim

NeoBundleとやらがダウンロードされたらしい。

NeoBundleのインストール

NeoBundle自身をインストールしているのか、他のプラグインをインストールしているのかがいまいちよくわかりませんが、~/.vimrcに以下を追加します。

ここでは、『実践Vim』で紹介されていたおすすめプラグイン「commentary.vim」をインストールします。

if has('vim_starting')
   set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))

NeoBundle 'tpope/vim-commentary'

call neobundle#end()

filetype plugin indent on

vimを再起動します。

ノーマルモードで以下のコマンドを実行します。

:NeoBundleInstall

~/.vim/bundle/の中を調べてみると、

$ ls ~/.vim/bundle/
NeoBundle.lock  neobundle.vim  vim-commentary

vim-commentaryがインストールされたらしい。

vim-commentaryの動作テスト

ちゃんとインストールされたのか、何かサンプルスクリプトを書いて実験してみます。

Pythonのスクリプトを用意します。

def hello(name):
    print('こんにちは、{}さん。'.format(name))

if __name__ == '__main__':                                                      
    hello('太郎')

カーソルをファイルの先頭(「d」の位置)に持ってきて、ノーマルモードでgcGと入力すると、

# def hello(name):                                                              
#     print('こんにちは、{}さん。'.format(name))

# if __name__ == '__main__':
#     hello('太郎')

見事、すべてコメントアウトされました。

しかしながら、『実践Vim』の説明では\\Gでコメントアウトされるとありますが、なぜか\\がコマンドとして機能しません。
この件については、また後日。

Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme