Rails & Apache2 on Ubuntuのトラブル対策

UbuntuにApache2をパッケージインストールした環境でRuby on Railsのアプリケーションを動かしたところ、いろいろなトラブルに悩まされたので、その対策についてまとめておきます。

1. ドキュメントルートディレクトリの変更はどこでやったらいい?
/etc/apache2/sites-available/000-default.confのDocumentRootを変更してください。
Ubuntuのバージョンによっては、000-default.confのファイル名が異なっているかもしれないので、それっぽいファイルを探してください。

2. ブラウザでサイトにアクセスすると、Forbiddenになる。
DocumentRootの値に応じて、000-default.confを以下のように設定してください。

<VirtualHost *:80>
    # ~省略~
    # DocumentRootを↓のように記述した場合は、
    DocumentRoot /home/solima/pg/sample/public

    # このようにDirectoryを書く。
    <Directory>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
    # ~省略~
</VirtualHost>
Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme