Apache2

CentOSにApach2をパッケージインストールする

CentOS 7.2にて実行。

# yum -y install httpd

Apacheの起動/停止/再起動

# /usr/sbin/apachectl start ※起動
# /usr/sbin/apachectl stop ※停止
# /usr/sbin/apachectl restart ※再起動

Apacheがちゃんと起動したか確認。
以下のコマンドを入力して、/usr/sbin/httpdがずらっと表示されればOK。

# ps ax | grep httpd
 2188 ?        Ss     0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2189 ?        S      0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2190 ?        S      0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2191 ?        S      0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2192 ?        S      0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2193 ?        S      0:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
 2197 pts/1    R+     0:00 grep --color=auto httpd

Apacheの自動起動設定。

# chkconfig httpd on
情報:'systemctl enable httpd.service'へ転送しています。
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

自動起動解除

# chkconfig httpd off
情報:'systemctl disable httpd.service'へ転送しています。
Removed symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service.

Apache2のソースインストール

あらかじめ、コンパイラをインストールしておいてください。

OpenSSLヘッダファイルのインストール

$ sudo yum -y install openssl-devel

PCREのインストール

$ sudo yum -y install pcre-devel

※既にインストールされている場合は、何もしません。

APR/APR-utilのインストール
Apache Portable RuntimeからAPRとAPR-utilのソースファイルをダウンロードし、適当なディレクトリに置いてください。
»ダウンロードページ

以下の手順に従って、インストールを行ってください。

$ tar xvzf apr-1.5.2.tar.gz
$ cd apr-1.5.2
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
$ tar xvzf apr-util-1.5.4.tar.gz
$ cd apr-util-1.5.4
$ ./configure --with-apr=/usr/local/apr
$ make
$ sudo make install

Apache2用アカウントの作成

$ sudo /usr/sbin/groupadd apache
$ sudo /usr/sbin/useradd -g apache -d /usr/local/apache -s /sbin/nologin apache

Apache2のコンパイルとインストールを行ってください。(» ダウンロードページ)

$ tar xvzf httpd-2.4.18.tar.gz
$ cd httpd-2.4.18
$ ./configure --enable-so --enable-ssl --enable-modules=rewrite \
--prefix=/usr/local/apache
$ make
$ sudo make install

Apache2ディレクトリのパーミッションを変更して、外部からアクセスできるようにします。

$ sudo chmod 755 /usr/local/apache

Apacheの起動/停止/再起動

$ sudo /usr/local/apache/bin/apachectl start ※起動
$ sudo /usr/local/apache/bin/apachectl stop ※停止
$ sudo /usr/local/apache/bin/apachectl restart ※再起動

※起動の際、「Could not reliably determine the server’s fully qualified domain name, ~」なるメッセージが出て気になる場合は、/usr/local/apache/conf/httpd.confに以下の行を記述してください。

ServerName localhost:80

Apacheの自動起動設定。

$ cd Apacheのソースディレクトリ
$ sudo cp build/rpm/httpd.init /etc/rc.d/init.d/httpd
$ sudo chmod 755 /etc/rc.d/init.d/httpd

/etc/rc.d/init.d/httpdを修正します。

(修正前)

httpd=${HTTPD-/usr/sbin/httpd}          #60行目付近
pidfile=${PIDFILE-/var/run/${prog}.pid} #61行目付近
CONFFILE=/etc/httpd/conf/httpd.conf     #67行目付近

(修正後)

httpd=${HTTPD-/usr/local/apache/bin/httpd}
pidfile=${PIDFILE-/var/run/httpd.pid}
CONFFILE=/usr/local/apache/conf/httpd.conf

/usr/local/apache/conf/httpd.confに以下の行を追加してください。

PidFile /var/run/httpd.pid

Apache2を起動サービスに登録します。

$ sudo chkconfig httpd on

以上で、OS起動時にApache2が自動起動するようになります。
自動起動設定後は、以下のコマンドでApache2の起動/停止/再起動ができます。

# service httpd start
# service httpd stop
# service httpd stop
Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme