g++のソースインストール

g++コンパイラのバージョンが古いと、プログラムがコンパイルできない場合があります。

(例)
Vine LinuxでNode.jsをコンパイルするとき。

そのようなときは、g++を手動インストールします。
(こちらのサイトを参考にしました。) Vine Linuxにg++をインストールする

$ wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/gcc/releases/gcc-5.3.0/gcc-5.3.0.tar.gz
$ tar xvzf gcc-5.3.0.tar.gz
$ cd gcc-5.3.0
$ ./contrib/download_prerequisites
$ cd ..
$ mkdir build
$ cd build
$ ../gcc-5.3.0/configure --prefix=/usr/local/gcc-5.3.0 \
--enable-languages=c,c++,objc,fortran \
--disable-multilib --disable-bootstrap
$ make
$ sudo make install

今インストールしたg++コマンドを使えるようにするために、ホームディレクトリの.bashrcに以下の内容を追加してください。

$ export PATH=/usr/local/gcc-5.3.0/bin:$PATH

再ログインするか「source ~/.bashrc」を実行すれば、新たなg++コマンドが使えるようになります。

Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme