Ruby on Rails

以下の手順に従って、Ruby on Railsをインストールしてください。

1. Rubyのインストール

あらかじめ、Rubyをソースインストールしてください。

2. SQLiteのインストール

Ruby on Railsを使う上で、何らかのデータベースが必要になります。
開発時にはとりあえず、SQLite3を使います。
SQLite3のソースインストールを行ってください。

3. Node.jsのインストール

Node.jsのソースインストールを行ってください。
※Node.jsは必須というわけではありません。
これをインストールしなくても済む方法もありますが、ここではNode.jsをインストールすることにしています。

4. Ruby on Railsのインストール

gem自体をアップデートします。

$ sudo `which gem` update --system

gemパッケージをアップデートします。

$ sudo `which gem` update

Bundlerとsqlite3をインストールします。

$ sudo `which gem` install bundler sqlite3 --no-ri --no-rdoc

※Rails 5.0の場合、以下のgemもインストールしてください。

$ sudo gem install ffi coffee-rails puma byebug debug_inspector sass-rails --no-ri --no-rdoc

Ruby on Railsをインストールします。

$ sudo `which gem` install rails --no-ri --no-rdoc

※nokogiriのインストールでエラーがでるときは、こちらをご覧ください。

4. サンプルアプリケーションの作成

最後に、Ruby on Railsがちゃんとインストールされているか、サンプルアプリケーションを作って確認しておきましょう。

$ rails new sample
$ cd sample
$ rails server -b 0.0.0.0

ブラウザでhttp://localhost:3000/にアクセスしてください。

関連記事

Ruby on RailsのデータベースにMySQLを使用したり、Apache2からアクセスできるようにする場合は、以下の記事をご覧ください。

Ruby on RailsからMySQLにアクセスする
Apache2とRuby on Railsの連携
Rails 5のインストール後にRails 4.2.6をインストールする(追加gemのインストール)

Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme