Python

UbuntuにPythonをインストールする

Ubuntuには、デフォルトでPythonがインストールされています。
Python 2系はpythonコマンド、Python 3系はpython3コマンドです。

$ python --version
Python 2.7.10
$ python3 --version
Python 3.4.3+

手っ取り早くPythonプログラミングを始めたい場合は、これで十分です。
実際のところ、市販の解説書で勉強するとなると、Pythonのバージョンアップに出版が追いつくことはないので、最新バージョンより古いものを使って説明することになります。

もし最新バージョンを使いたいのであれば、ソースインストールしてください。

UbuntuにPythonをソースインストールする

以下、Python 3系のインストール方法を説明しますが、Python 2系でもダウンロードするファイルが違うだけで、基本的な作業内容は同じです。

Python公式サイトより、.tgzファイルの最新版をダウンロードします。
この記事の執筆時点では、Python-3.5.1.tgz/Python-2.7.11.tgzが最新バージョンでした。

ダウンロードしたファイルを適当なディレクトリに置いて、以下のコマンドを入力します。

$ sudo apt-get -y install libreadline6-dev ※対話モードで履歴機能を使うのに必要です。
$ sudo apt-get -y install libssl-dev libreadline6-dev tk-dev
$ tar xvzf Python-3.5.1.tgz
$ cd Python-3.5.1
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

※コンフィギュアの際、--with-bz2オプションを付けないと、Node.jsのインストールでエラーになります。

/usr/local/bin/python3というコマンドが使えるようになります。

$ which python3
$ /usr/local/bin/python3

※Python 2系のときは、/usr/local/bin/pythonコマンドになります。

$ which python
$ /usr/local/bin/python
Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme