仮想ハードディスクの追加

VirtualBoxの仮想マシンにインストールしたCentOSに、ハードディスクを追加します。
作業内容は、VirtualBox側の作業とゲストOS(CentOS)側の作業に分かれます。

1. VirtualBox側の作業

1. ハードディスクを追加する仮想マシンのアイコンを選択し、設定ボタンアイコンをクリックします。

2. 左メニューの[ストレージ]をクリックし、[コントローラー:SATA]のハードディスク追加ボタンをクリックします。
addhdd001

■ハードディスク追加ボタン
addhdd002

3. [新規ディスクの作成]をクリックします。
addhdd003

4. ハードドライブのファイルタイプを選択します。
ここでは、VDIを選択します。
addhdd004

5. 可変か固定かを選択します。
ここでは、固定を選択します。
addhdd005

6. 仮想ハードドライブファイルの名前(場所)と容量を入力します。
addhdd006

[作成ボタン]をクリックすると、仮想ハードドライブファイルが作成されます。
addhdd007

2. ゲストOS側の作業

ゲストOS(CentOS)を立ち上げ、rootでログインします。

OSが認識しているハードディスクを調べます。

# ll /dev/sd*
brw-rw----. 1 root disk 8,  0  7月 15 22:47 2015 /dev/sda
brw-rw----. 1 root disk 8,  1  7月 15 22:47 2015 /dev/sda1
brw-rw----. 1 root disk 8,  2  7月 15 22:47 2015 /dev/sda2
brw-rw----. 1 root disk 8, 16  7月 15 22:47 2015 /dev/sdb

ここで、/dev/sdaに対応する/dev/sda1,/dev/sda2はありますが、/dev/sdbに対応する/dev/sd?がありません。よって、/dev/sdbが追加したハードディスクということになります。

/dev/sdbに対してパーティションを切ります。

# fdisk /dev/sdb

以下、fdiskコマンドでの作業内容です。
ここでは、追加したハードディスク全体を丸ごと/root/addhddにマウントするものとします。
具体的な数値は、ハードディスク容量によって変わります。

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本パーティション (1-4)
p
パーティション番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-652, 初期値 1): 1
Last シリンダ, +シリンダ数 or +size{K,M,G} (1-652, 初期値 652): 652

コマンド (m でヘルプ): w
パーティションテーブルは変更されました!

ioctl() を呼び出してパーティションテーブルを再読込みします。
ディスクを同期しています。

llコマンドで/dev/sdb1が生成されていれば成功です。

# ll /dev/sd*
brw-rw----. 1 root disk 8,  0  7月 15 22:47 2015 /dev/sda
brw-rw----. 1 root disk 8,  1  7月 15 22:47 2015 /dev/sda1
brw-rw----. 1 root disk 8,  2  7月 15 22:47 2015 /dev/sda2
brw-rw----. 1 root disk 8, 16  7月 15 23:06 2015 /dev/sdb
brw-rw----. 1 root disk 8, 17  7月 15 23:06 2015 /dev/sdb1 ※←確かに作成されている。

追加ハードディスクにファイルシステムを作成します。

# mkfs -t ext4 /dev/sdb1

マウントポイントのディレクトリを作成します。

# mkdir /root/addhdd

追加ハードディスクをマウントします。

# mount -t ext4 /dev/sdb1 /root/addhdd

dfコマンドでマウント状況を確認します。

# df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/sda2        4061888 1204136   2648088  32% /
tmpfs             510144       0    510144   0% /dev/shm
/dev/sdb1        5023780   10232   4751692   1% /root/addhdd ※これがあればOK。

OS起動時に自動マウントするように設定します。
まず、blkidコマンドを使って追加ファイルシステムのUUIDを調べます。

# blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: UUID="cf949b08-e2f4-457d-9e0b-a6ca0c87990b" TYPE="ext4"

次に、この内容を元に/etc/fstabを編集します。
以下の行をswap設定行の上あたりに記述します。

UUID=cf949b08-e2f4-457d-9e0b-a6ca0c87990b /root/addhdd            ext4    defaults        1 1
Linuxプログラミング環境インストール物語 © 2016 Frontier Theme