CentOS 6.8のrsyslogを5.8から7へアップグレードする

CentOS 6.8にデフォルトインストールされているrsyslogは5.8ですが、バージョン7のパッケージも用意されているようです。

$ yum search rsyslog
〜省略〜
rsyslog7.x86_64 : Enhanced system logging and kernel message

そこで、rsyslog7をインストールしてみることにしました。

まず、インストール済みのrsyslog5.8をアンインストールします。

$ sudo yum remove rsyslog

rsyslog7をインストールします。

$ sudo yum -y install rsyslog7

バージョンを確認します。

$ sudo `which rsyslogd` -v 
rsyslogd 7.4.10, compiled with:
	FEATURE_REGEXP:				Yes
	FEATURE_LARGEFILE:			No
	GSSAPI Kerberos 5 support:		Yes
	FEATURE_DEBUG (debug build, slow code):	No
	32bit Atomic operations supported:	Yes
	64bit Atomic operations supported:	Yes
	Runtime Instrumentation (slow code):	No
	uuid support:				Yes

See http://www.rsyslog.com for more information.

確かにバージョン7がインストールされております。

rsyslog7を起動。

$ sudo service rsyslog start
システムロガーを起動中:                                    [  OK  ]