DNSラウンドロビン

DNSのリソースレコードにおいて、同じ名前を持った異なる危機がある場合、Aレコードは複数存在する。

これは、DNSラウンドロビンと呼ばれ、負荷分散などで使用される。