Lubuntuを使ってみる

肥大化した昨今のLinuxディストリビューションに活を入れるため、Lubuntuを使ってみようかなと思う。

実機は仕事用サーバーとして使用中なので、庶民の味方VirtualBoxにLubuntuをインストールしたいと思います。

Lubuntuのシステム要件

RAM 512MB (@o@) なんと、たったの0.5GBバイトでX-Windowが使えるらしい。
Macintoshの漢字トーク6.0.7を思い出すなあ。

CPUは、Pentium II または Celeronとなってますが、クロック数はどれくらいだろう。
まあ、最近のパソコンなら、VirtualBoxで動かしても大丈夫だろうと思う。

とりあえず、メモリー1GB,HDD 8GBを確保して、Lubuntu 16.04をインストールした。

開発環境のインストール

デフォルトではmakeやコンパイラがインストールされていないので、インストールする。

$ sudo apt-get -y install build-essential