Ubuntuにpyvenvをインストールした

参考文献によると、Pythonプログラミングでは、プロジェクト毎に仮想環境というものを作り、その中に必要なライブラリやpythonコマンドの実体をインストールするらしい。

仮想環境を構築するためのツール(コマンド)がpyvenvなんだそうだ。

参考文献によると、pyvenvはPython 3.3以降で仮想環境を構築するためのコマンドのようだ。
Python 3.2では、vitualenvコマンドを使うらしい・・・
と思っていたら、実は違っていた。

pyenvとvitualenvの違いについては、以下のサイトが詳しい。
Pyenvとvirtualenv pluginによるPython環境を構築する

と思っていたら、pyvenvとPyenvとは全くの別物だった。
virtualenv…3.2以降で仮想環境を構築。
pyvenv…3.3以降で仮想環境を構築。ツール名としては「venv」。
Pyenv…仮想環境下でPythonのバージョンを切り替えるためのツール。
pyenvとvenvでPython3開発環境を整える」が詳しい。

結局のところ、Ubuntu 16.04にデフォルトインストールされているPythonのバージョンは、3.5.1+(+の意味はよくわからない)なので、pyvenvを使えばいいということか。

このあたりのことは、ツール移行期のためか、Python界もあたふたしているようだ。
いや、あたふたしているのは自分だった。

仮想環境とは

Pythonで個人ツールを作っているだけならプロジェクト管理などという、たいそうなことは必要がなく、テキトーにスクリプトを書いていれば事は足りる。

しかし、他人に使ってもらうプログラムを配布するとなると、必要なファイルをまとめた上で、「これをインストールしてください」と言って相手に渡さなければならない。

そのようなときに、仮想環境を構築してプロジェクト管理すると作業が簡単にできるということらしい。

要するに、あるPythonプログラムを開発するときに必要なコマンドやツール、ライブラリを特定のディレクトリに閉じ込めたものが仮想環境である。

pyenvのインストール

とりあえず、Ubuntu 16.04上にてpyvenvコマンドを打ち込んでみると、

$ pyvenv
プログラム 'pyvenv' はまだインストールされていません。 
次のように入力することでインストールできます:
sudo apt install python3-venv

怒られてしまったので、言われるがままにaptコマンドを入力する。

$ sudo apt-get -y install python3-venv

ちゃんとインストールされたか確認。

$ which pyvenv
/usr/bin/pyvenv

今日はもう疲れたので、インストール作業だけで終わろうと思う。

参考文献

パーフェクトPython

Pythonプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme