Lubuntu 16.04でWSGIアプリケーションを動かす方法 [まとめ編1]

Lubuntu 16.04でPythonウェブアプリケーション(WSGIアプリ)を動かす方法をまとめました。

(インストール環境)

OS Apache2 mod_wsgi
Lubuntu 16.04(32ビット版) パッケージインストール pip3コマンドでインストール

各種ソフトウェアのインストール

1. Apache2のインストール

$ sudo apt-get -y install apache2 apache2-dev

2. pip3コマンドのインストール

$ sudo apt-get -y install python3-pip
$ sudo -H pip3 install --upgrade pip

3. mod_wsgiのインストール

$ sudo -H pip3 install mod_wsgi
$ sudo mod_wsgi-express install-module
LoadModule wsgi_module /usr/lib/apache2/modules/mod_wsgi-py35.cpython-35m-i386-linux-gnu.so
WSGIPythonHome /usr

WSGIサンプルアプリケーションの作成

WSGIプログラムファイル格納ディレクトリを作成する。

$ sudo mkdir /etc/apache2/wsgi

wsgiディレクトリにプログラムファイルを作成する。

(ファイル名) hello.py

def application(environ, start_response):
    start_response("200 OK", [("Content-type", "text/plain;charset=utf-8")])

    return ['こんにちは、WSGIアプリケーション。'.encode('UTF-8')]

Apache2コンフィグファイルの編集

以下の内容で、/etc/apache2/conf-enabledディレクトリの中にmyconf.conf(拡張子が.confであればファイル名はなんでもよい)というファイルを作成する。

myconf.conf

LoadModule wsgi_module /usr/lib/apache2/modules/mod_wsgi-py35.cpython-35m-i386-linux-gnu.so
WSGIScriptAlias /wsgi /etc/apache2/wsgi/hello.py
<Directory /etc/apache2>
  <Files hello.py>
    Require all granted
  </Files>
</Directory>

Apache2を再起動し、ブラウザでhttp://localhost/wsgiにアクセスする。

$ sudo /usr/sbin/apachectrl restart

(実行結果)
WSGIサンプルアプリケーション

Pythonプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme