JavaでFlyweightパターンを使ってみる

■Flyweightパターンの目的
オブジェクトを共有してメモリ効率を上げる。

(例)
一昔前のゲームマシン、たとえばファミコンでは使用できるメモリ容量が少なかったため、のべつまくなしに敵キャラクタのグラフィックを作ることができなかった。
そこで、形は同じで色違いの敵キャラクタを作ることにより、敵キャラクタを増やしていた。
このとき、Flyweightパターンを用いて敵キャラクタの形を作るとメモリーを節約できる。

Pythonプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme