XMLファイルの読み込み

情報化が進んだ今日の日本社会において、XML関連の技術は欠かせないものとなりました。

近い将来、小学校でXMLの授業が始まるかもしれません。

未来の子供たちに負けないために、私もXMLをがんばって勉強しようと思います。

そこで今回は、XMLで書かれた本データにアクセスするPythonスクリプトを書いてみることにしました。

まずは、サンプルXMLファイルを用意します。

(サンプルXMLファイル) book.xml

<?xml version="1.0" ?>
<books>
  <book isbn="4873117380">
    <title>入門Python 3</title>
    <author>Bill Lubanovic</author>
    <publish>オライリージャパン</publish>
  </book>
  <book isbn="4873117682">
    <title>Pythonからはじめる数学入門</title>
    <author>Amit Saha</author>
    <publish>オライリージャパン</publish>
  </book>
  <book isbn="4774142298">
    <title>Pythonスタートブック</title>
    <author>辻真吾</author>
    <publish>技術評論社</publish>
  </book>
</books>

PythonでXMLファイルにアクセスするには、いくつかの方法があります。

xml.etree.ElementTree

まずは、一番簡単そうなxml.etree.ElementTreeを使ってみます。
マニュアルによれば、
「xml.etree.ElementTree モジュールは悪意を持って作成されたデータに対して安全ではありません」
とあります。
しかし、何をどう注意すればいいのかがわかりません。
まあ、今回は自分で用意したサンプルファイルを使うだけですから、特に問題はないでしょう。

マニュアルを読みながら、サンプルスクリプトを書いてみました。

(サンプルスクリプト) readbook.py


Pythonプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme