Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版を読む

『Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版』という本を買ってきた。
アマゾンのレビューもなかなかの高評価。

もしかしたら、私のPythonプログラミング人生に革命を起こすことになるかもしれない。

ただ残念なことに、本書の解説はPython 2を対象としているため、そのままではPython 3環境では不具合が生じる可能性がある。

とりあえず、『Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版』の実行環境を作って、いろいろと実験してみることにした。

■実験環境
VirtualBoxにUbuntuサーバー16.04をインストール。
デフォルトインストールされているPython 3を使う。

$ python3 -V
Python 3.5.2

Cコンパイラやら、makeやらも必要になるかもしれないので、開発環境をインストールする。

$ sudo apt-get -y install build-essential

pip3をインストールする

$ sudo apt-get -y install python3-pip

pip3をアップグレードする。

$ sudo pip3 install --upgrade pip

これにより、pipコマンドが以下の3つインストールされてしまった。

/usr/local/bin/pip
/usr/local/bin/pip3
/usr/bin/pip3

どれもバージョン9.0.1(記事執筆時)だが、何が違うのかはよくわからない。:-(
whichコマンドを実行すると、

$ which pip
/usr/local/bin/pip3
$ which pip3
/usr/local/bin/pip

となるので、/usr/bin/pip3とフルパス指定しなければ、/usr/local/の下にインストールされるのだろう。

virtualenvをインストールする。

$ sudo pip install virtualenv
Pythonプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme