MSETで複数の値をセットする

SETコマンドはRedisの基本だが、たくさんのキーに一気に値をセットすることができればいいのになあ。

太郎は、そんなことを考えていた。

Redis仙人「そういうときは、MSETを使うのじゃ!」

シュビビビビ!

Redis仙人は杖たくみに操りながら、redic-cliにコマンド入力した。

127.0.0.1:6379> mset 1 Python 2 Ruby 3 PHP
OK

するとどうだろう。
たったの1行しかコマンドを入力していないの、3つのキーに値がセットされているのだ。

127.0.0.1:6379> get 1
"Python"
127.0.0.1:6379> get 2
"Ruby"
127.0.0.1:6379> 3
"PHP"

「こりゃ、便利だ」
太郎はエンターキーの入力回数が減ったことに、えらく喜んだ。

Redis仙人「何をしておる。MGETがあればMSETもあることぐらい、気づかんかい!」

シュビビビビ

127.0.0.1:6379> mget 1 2 3
1) "Python"
2) "Ruby"
3) "PHP"

なるほど。
ますます、エンターキーの入力回数が減っていくぞ。

わはははは!

とそのとき、

「おい、何をしてるんだ?」

店の奥の方で、太郎のはしゃぎぶりを怪訝そうに見ていた店長が、素っ頓狂な声を上げた。

Redisプログラミング物語 © 2016 Frontier Theme