ゲストOSのUbuntu 16.04の調子がおかしい

ホストOS:Ubuntu 14.04
ゲストOS:Ubuntu 16.04

この状態でワークスペースの切り替え(SUPERキー+s)を行うと、ホストOSもろとも固まってしまい、パソコンの電源を落とさなければならなくなる。

グラフィックカードの相性によるものか、あるいは他に原因があるのかは不明。

とりあえず、応急処置としてゲストOSのディスプレイのアクセラレーション機能を無効にした。

VirtualBoxでUbuntu 16.04を動かす

これでパソコンが固まる症状は防ぐことはできたが、ゲストOSの画面表示パフォーマンスは著しく落ちる。

Windows 10では、このようなことは起こらなかったので残念である。

Ubuntuライフ © 2016 Frontier Theme